何故、皆ロレックスを買いたがるのか?

何故、皆ロレックスを買いたがるのか?

多くの男女が「いつかはロレックス」と考えていると思います。

ロレックスを買う理由として、ステータスがある自慢できる自信がわいてくるなどいろいろあると思いますが、資産価値があるというのも大変大きな理由と思います。

購入した時計を一生手放すことが無ければ、その時計の資産としての価値が発揮されることはないでしょう。

しかし、万一、その時計を手放さなければならない状況になったとき、いくらで売れるかによって貴方の財政状況は変わってきてしまいます。

その資産価値を判断するには、中古需要の高低を示すリセールバリューが判断基準として最もわかりやすいと思います。

オメガ、ブライトリング、タグ・ホイヤー、ウブロ、IWCなど高級腕時計の換金率(定価に対する買取価格)は40~55%です。

しかしロレックスだけが、70~85%と突出しています。

しかも、ロレックス デイトナに至っては102%という驚異の換金率です。

このモデルは、元々日本への割当が少ないうえ、日本で非常に人気があるために店頭に並んでもすぐ売り切れてしまうため、新品の価格が高騰し、つられて中古需要が高まり、一層供給不足となったため必然的に買取価格が定価を上回るという状況が続いています。

ロレックス デイトナ 116520

Daytona 116520

2016年、ロレックス デイトナは久しぶりにモデルチェンジを行いました。

新型は116500LNと言います。116500LN

この新型でさえpremiere価格、さらに旧型となってしまった116520の価格も上昇しています。

どれだけ凄いんだ?デイトナ人気?

2011年3月1日、東北地方を襲った巨大地震と大津波。多くの人命が失われました。
生き残った人々も、家を、財産全てを流されてしまいました。

そういった甚大な被害を目の当たりにした日本各地でロレックスが飛ぶように売れたそうです。
(友人の税理士に聞いた話ですので、間違いはありません)
なぜ売れたのか?ロレックスに資産価値があるからです。

ロレックスを持っていれば、突然の災害に襲われたとき、ロレックスを売却して家族を当面養うことができる、多くの人がそう考えたということですね。

ロレックスの腕時計